1. TOP
  2. デートノウハウ
  3. モテる男が初対面・初デートで気をつけること、マナー、注意点15選

モテる男が初対面・初デートで気をつけること、マナー、注意点15選

この記事を書いた人:編集長YOKOSIMA
*

デートソムリエの編集長&毎月1000人以上が出会う街コンの運営者。「非マジメになろう!」という想いを込めて今のペンネームで活動中。

デートソムリエとは?>>

詳しいプロフィールはコチラ>>

うも、デートソムリエ編集長のYOKOSIMAです。

初対面の女性と会うときや、初デートに行く時って緊張しますよね。

「失敗しないために注意すべきことや気をつけることって何があるだろう?」

と悩んでいる男性も多いです。

あなたは、女性が初対面や初デートの男性にどんなことを期待してるか、どんな男性に好感を持つかって気になりませんか?

初対面や初デートというのは、相手側の印象を決める上でかなり重要なシーンです。

ここで変なイメージを持たれてしまうと次回につなげることができないため、払拭する機会を得られないままゲームセットとなります。

  • 初対面/初デートの後から無視される
  • なぜか二回目のデートを断られてしまう

といった方は、今回話す内容がうまくできてないかもしれません。

タイプの子との出会いが即終了になることだけは絶対に避けたいですよね。

ということで今回は、モテる男が初対面・初デートで気をつけること、マナー、注意点をまとめて、女性が第一印象で好感を持つ男になる方法をお伝えしたいと思います。

モテる男は初対面・初デートの印象が良い

あなたは、初対面・初デートのシーンでどんなことに気を使っていますか?

モテる男性というのは、初対面・初デートのイメージ作りにとても気を使っています。

初対面・初デートで好感を持たれなければ、二回目以降のデートチャンスを失ってしまうからです。

一回のデートで相手をモノにすることは恋愛慣れしてないと難しいため、多くの男性は二回目、三回目と女性をリピートさせて口説くことになります。

女性にリピートしてもらうためには、相手にマイナス評価をされないための気遣いが欠かせません。

モテる男性は初対面・初デートでどんなことに気をつけているのか。

今回は以下4つのポイントに分けてご紹介したいと思います。

  • 外見編
  • プラン編
  • 会話編
  • マナー編

では、一つ一つ見ていきましょう。

男が初対面・初デートで気をつけること:外見編

初対面・初デートで男性がまず気をつけることは、外見です。

第一印象を決める上で、外見はやはり影響力が大きいポイントになります。

僕も運営する街コンの女性参加者やプライベートで遊ぶ女の子に話を聞くと、初対面は外見から入るようです。

まあ、当然と言えば当然のことですよね。笑

内面は出会ってすぐわかりませんが、外見は一瞬で目に入ってきます。

そのため、兎にも角にも外見を作りこむことが最初のステップです。

さて、外見と聞くと顔や体型などを思い浮かべるかもしれませんが、この部分はそう簡単に変えることができません。

※体型は日頃から努力して欲しいですけどね

逆に素早く変化を与えることができて、かつ効果的なのが次の4ポイントです。

  1. 清潔感
  2. ファッション
  3. 姿勢
  4. 態度や振る舞い

外見を変えたい場合は、まずこの4つに注目しましょう。

初対面・初デートは清潔感に気をつける

女性が初対面・初デートで最も気にするのは、相手男性の清潔感です。

先ほど、街コンの女性参加者やプライベートで遊ぶ女の子に話を聞くと、初対面は外見から入ると答えるとお伝えしました。

そこで、続けて女性に「どんなタイプの人がいいの?」「具体的にどんな所を見るの?」など質問をすると、返ってくるのが『清潔感』と言うキーワードなのです。

実はそうなんですよね。

見た目の清潔感さえあれば、顔のレベルが高くなくても十分に女性からモテることができます。

逆に、顔のレベルが高くても清潔感がないと一瞬で引かれてしまうことに。

それほど清潔感は重要なポイントなのですが、多くのモテない男性はこの清潔感という言葉を正しく理解できていません。

清潔感とは文字通り清潔であることをいうのではなく、「好感が持てる雰囲気」のことをいうのです。

詳しくはコチラの記事にもまとめてあるのでチェックしてみてくださいね。

初対面・初デートはファッションに気をつける

清潔感と関連して最初に変化させたいポイントが、ファッション。

ファッションは主に、ヘアスタイルとコーディネートからなります。

ファッション情報は雑誌やSNS、アプリまでありとあらゆる場所で発信されていて、そのバリエーションも多種多様。

情報は簡単に手に入りますが、問題は情報過多すぎて混乱してしまうことです。

オシャレのアンテナの高い男性、センスの良い男性は楽しくファッションを学ぶことができますが、そこまで関心の高くない男性にとってはもう意味不明ですよね笑

僕も何がオシャレで何がダサいのかイマイチよくわかりませんw

そんな男性が下手に情報を集めてコーディネートすると、おかしなファッションになる可能性が高いですし、無駄な買い物が増える一方です。

それでは、オシャレセンスに自信がない人はどうすれば良いのか?

オススメは、アレコレとオシャレアイテムを足していくのではなく、綺麗目のシンプルコーデにすること。

スーツ姿はカッコイイのに、私服になった瞬間に別人のようにダサくなる男性がいる。

というのはよく聞く話ですが、これはスーツが綺麗目シンプルコーデの代表例みたいなもので、誰でもそこそこ決まって見えるからです。(サイズも普段着よりキッチリ計測しますね。)

綺麗目シンプルコーデの具体的な考え方はこちらにまとめていますので、ファッションに自信のない方はチェックしてください。

初対面・初デートは姿勢に気をつける

出会いの場でたくさんの男女を見ていると、姿勢で損してるなって人を多く見かけます。

背筋が曲がってたり、歩き方がだらしなかったり、座った時の見た目が悪かったり。

姿勢は普段の生活ぶりが顕著に現れる部分なので、日頃から気をつけていない人はすぐに崩れます。

逆に言えば、姿勢がいいとシンプルに見た目が良くなるだけではなく、普段から体や見た目に気を使っている人なんだと印象も良くなるのです。

男性は女性よりも普段の見られている意識が低いため、所々でだらしなさが露呈してしまいがち。

姿勢を整えるだけで印象をぐっと良くして、他の男たちとの差別化できます。

さっそく今日から姿勢を意識して生活しましょう。

初対面・初デートは態度や振る舞いに気をつける

姿勢と同じく普段の生活ぶりが出やすいポイントが、態度や立ち振る舞いです。

デート相手だけではなく、周囲の人への態度や立ち振る舞いも含めて大切になります。

目の前の相手には優しく振る舞うのに、周囲の人やお店のスタッフに横暴な態度をとったり、ちょっとしたことで不満や苛立ちをぶつける人っていますよね。

僕はこういう人だとわかったら、もう2度と一緒に出かけたくないと思います。

一緒にいる人が横暴な態度や振る舞いをすると、自分も同類だと思われますし、周りに迷惑をかけるからです。

そんな人にサービスをしたいと思う人はいませんから、当然お店やスタッフのサービスだって普段より低下します。

一緒にいる人にとっては踏んだり蹴ったりな存在なのです。

人は鏡と言いますが、自分が横暴な態度や振る舞いをすれば周りの対応も悪化するもの。その結果、より苛立ってしまうという負のループが生まれます。

このことがわからない人は絶対にモテません。

目の前の相手を楽しませるには、周りを仲間につけていい雰囲気を作ることがとても大切。

そのためにも、態度や振る舞いには注意しましょう。

男が初対面・初デートで気をつけること:プラン編

初対面・初デートで男性が気をつけること二つ目は、プランニング。

会う場所や時間、当日の流れですね。

デートにおいてプランニングは気分を高揚させたり、会話を盛り上げて親密度を高める上でとても大切なポイントになります。

告白やキス・お持ち帰りと行ったイベントをスムーズに行う上でも、事前のプランニングは欠かせません。

デートに慣れてない人ほど、プランニングの良し悪しに影響を受けますので注意してください。

初対面・初デートのプランニングで気をつけたいポイントは次の4つ。

  • ノープラン
  • デートスポット
  • 時間
  • 周辺情報

では、一つずつ見ていきましょう。

初対面・初デートはノープランに気をつける

初対面・初デートで一番やってはいけないこと、それはノープランでいくことです。

女性は男性にリードしてほしいと思っているので、ノープランでこられると本当にガッカリします。

  • そんなに楽しみにしてなかったのかな。
  • 私ってそんなものなのかな。
  • 盛り上がってたの私だけなのかな。

と女性を傷つける原因になります。

女性はあなたとのデートに向けて、ファッションやスキンケア、化粧などにお金と時間をたくさんかけてきます。

自分が一番いい状態に見えるように、しっかりと準備してくるのです。

そんな女性に対して、何の用意もせずにくることがどれだけ女性を悲しませるかは言わずともわかりますよね。

逆に、テキパキとお店を見つけて予約してくれたり、気持ちよくリードしてくれると「大切にされてる」と感じて、「バッチリ決めてきてよかった」と嬉しくなるのです。

初対面・初デートはデートスポットに気をつける

初デートを盛り上げる上で、デートスポット選びは非常に重要です。

恋愛ノウハウ系のサイトやグルメ情報のサイトを見ると、「デートでは、オシャレで落ち着いた雰囲気のお店を選ぼう」的な記事をよく目にします。

おそらく、デートのお店選びといえば次のように考える人が多いでしょう。

  • 高級感のある店を探そう
  • 騒がしくない落ち着いた店を探そう
  • 暗めの照明の個室を探そう
  • 景色が綺麗なお店を選ぼう

相手のことを好きであれば、より特別感のある店を選ぼうとすると思います。

これは特別な雰囲気作りと言う点でいえば一理あって、実際に僕もそういうお店を選ぶことは多いです。

ただし、こうしたお店選びには一つ大きな問題があります。

会話の苦手な人や人見知り・緊張症な人にとっては、自分や相手に負担を強いる可能性が出てくることです。

会話に自信がないのに落ち着いた静かなレストランなどに行けば、無言になったときの気まずさが助長されますよね。

デートにオススメなお店というのは、ほとんどが会話慣れしていて普段からオシャレな外食をしてる人向け。

読者の性格や個性は加味されていません。

  • 会話が苦手な人は、会話が苦手な人にあったお店。
  • 緊張症な人は、緊張症な人にあった店。

デートのお店を選ぶときは自分や相手にあったお店選びを心がけることが大切です。

「デートといえば、オシャレで落ち着いた雰囲気の高級店」みたいな安直な考えは捨てましょう。

初対面・初デートは時間に気をつける

気になる人やタイプの人とは、できるだけ長く一緒にいたい。

そう思う人は多いと思いますが、初対面や初デートでは時間を区切って会うことがオススメです。

最初から無計画に会ってしまうと途中からダレて、後半になるにつれて退屈したり気まずくなる可能性があります。

それでは、印象が悪くなって次回のデートにつながりません。

会話に自信がない人は、特に時間は区切って会うことをオススメします。

その分、会っている時間は全力で楽しませてあげましょう。

こうすることで「また会いたいな」と思わせることができます。

もちろん、初デートの間に次回のデートの約束をしておくことを忘れずに。

「デートの約束は会っているうちにする」

これが基本ルールです。

初対面・初デートは周辺情報に気をつける

あなたはデートの約束をした時、事前に会う周辺の情報を下調べしていますか?

デートする地域に詳しい場合は不要なのですが、その地域に詳しくない場合は必ず下調べはしておきましょう。

グーグルマップで迷うことがない人は、ネットで確認するだけでもOKです。

地図が読めない、地図を見てもよく迷う人は事前に歩いて確認する方がいいでしょう。

女性はヒールなどを履いているケースが多いので、男性よりも歩く負担が大きいです。

せっかくの楽しい気分や雰囲気も悪くなってしまうので、デートで迷うことは絶対ないようにチェックしておきましょう。

また、はしごする場合のお店もちゃんと目星をつけ、一次会からのルートをチェックしておかないといけません。

この事前準備をしてるかしてないかで、結果が大きく左右されるので絶対に周辺情報は確認してくださいね。

男が初対面・初デートで気をつけること:会話編

初対面・初デートで男性が気をつけること三つ目は、会話です。

やはり人間関係を築いていく上で最も重要なのは、コミュニケーション。

見た目や態度で気をつけていても、会話でイメージを悪くしてしまっては次回につながりません。

ここでは、初デートで気をつけたい会話についてまとめたいと思います。

※人見知りや緊張症、話し下手で会話自体に不安がある人は、会話ノウハウの前に以下の記事からチェックしてください。

初対面・初デートは暗い話に気をつける

初対面や初デートでは、まだお互いのことをよく知らない他人の状態です。

そんな人間関係のできてない時に注意したいのが、暗い話。

僕の運営する街コンの参加者を見ていても、「初対面でそんな暗くなる話するなよ」とツッコミたくなる人が時々います。

気心の知れた仲なら悩み相談や悲しい話をしても支え合うことできますが、初デートでは「重い」と思われる可能性が高いです。

初対面や初デートにくる相手は、一緒に楽しむこと(一緒にいて楽しいか確かめること)を目的にきています。

それなのに、ネガティブになる重い話をされたら困惑しますよね。

初対面や初デートでは、相手が楽しくなる(気分が上がる)会話を心がけましょう。

初対面・初デートは喋りすぎに気をつける

初対面・初デートでは相手を楽しませることが大切と言いましたが、モテない男がやりがちなのが自分ばかり喋ってしまうこと。

沈黙してしまうのが嫌でアレコレ喋ってしまうパターンですね。

あなたも一度は喋りすぎはモテないという話を聞いたことがあると思いますが、なぜモテないのかはご存知ですか?

色々と理由はあるのですが、重要なものをあげると以下の5つが大きいです。

  • 自己中に思われる
  • 価値観や意見を押し付けやすい
  • 会話に飽きられる
  • あなたへの興味が薄れる
  • 相手の情報が得られない

そして、この中でも僕が最もマズイと思っているのが「相手の情報が得られない」こと。

相手の好き嫌いや行動パターンを聞き出せなければ、デートに誘う際にも良い提案ができません。

自分ばかり喋った挙句、自分勝手な誘い方をする男は絶対モテません。

むしろ、相手に自分のことをたくさん喋らせることが大切です。

覚えておきましょう。

初対面・初デートは否定やアドバイスに気をつける

初対面・初デートに限った話ではないのですが、女性の悩みや考え方について否定やアドバイスをするのは注意が必要です。

男は何かと自分の意見を言いたがったり、アドバイスをしたがったりしますが、多くの女性はそうした押し付けがましさが嫌いです。

自分が話しているのに、否定されたり話に乗っかられたりすると自分をないがしろにされた気分になるのです。

また、男はすぐにオチや答えを求めがちで、相手の話を勝手にまとめたり、わかった気になって話を進める傾向もあります。

これらも嫌われる原因になるので意識して防ぐようにしましょう。

女性は他人の意見やアドバイスが欲しいのではなく、ただ最後まで自分の話を聞いて共感してくれることを求めています。

詳しくはこちらにも書いてあるのでチェックしてみてください。

男が初対面・初デートで気をつけること:マナー編

初対面・初デートで男性が気をつけること四つ目は、マナー。

まあ、どれも当たり前のことに感じるかもしれませんが大切なことなのでまとめておきます。

ところで、マナーを守ることが大切なことはあなたもご存知だと思いますが、マナーは守るだけではなく相手の印象を良くするために工夫すべきところでもあるところです。

ここでは、その辺も含めて解説したいと思います。

初対面・初デートは事前確認に気をつける

たまに、デートの約束はしたけど間近になっても連絡をくれず、本当に来るかどうか不安に思わせる人がいます。

これはマナーが悪いケース。

お互いまだ信頼関係ができてない状態では、報連相を適切に行う必要があります。

もしかすると、相手が約束を忘れているケースや日時を記憶違いしてる可能性もあるので、約束日が近づいてきたら相手に当日の確認を送りましょう。

事前に必ず確認をしておきたいポイントとしては、以下3つです。

  • 開催場所
  • 集合場所
  • 集合時間

詳細確認メールは予定日の数日前に送り、前日の夜にも「明日はよろしくね」など相手に安心させるための連絡を送りましょう。

初対面・初デートは遅刻に気をつける

間に合う時間には出てたけど電車の遅延や渋滞などで遅刻してしまった。

これは仕方ないことではありますが、ちょっとした遅延や渋滞で遅刻してしまうようなギリギリの時間に出発するのはマナー違反です。

たまに僕のところへ恋愛相談に来る人にも遅刻してくる人がいて、この時点で「こいつダメだな」と思います。

当日バタバタしてしまう時間に起きるのは論外ですし、時間ギリギリまで家でダラダラしているのも危機管理意識の欠如です。

どうせ待つなら、早めに集合場所付近のカフェや時間を潰せる本屋などに入って待つ方がオススメ。

デート前にルート確認や服装・髪型のチェック、話題探しなどをする余裕が生まれます。

家でダラダラする待つよりよっぽど有益ですよね。

初対面・初デートはマイペースに気をつける

デートは1人で楽しむものではなく、相手を楽しませることで自分1人では得られない感覚を楽しむもの。

であれば、ペースは相手に合わせことが大切です。

  • 歩くペース
  • 飲み食いするペース
  • 話すペース

あらゆるペースを相手に合わせることを意識しましょう。

マイペースでスタスタ歩いたり、ガンガン飲み食いしたり、マシンガントークをしてしまうと相手は楽しむどころではなくなります。

ポイントはただ我慢するのではなく、相手をよく観察して心地よいペースを探るゲームをしてる感覚でやること。

最初に行ったように、デートは自分1人では得られない感覚を楽しむもの。

相手のペースに合わせるのはその第一歩です。

初対面・初デートは言葉遣いに気をつける

初対面・初デートでは、言葉遣いが大切なポイントになります。

これは、単純に丁寧な敬語を使えばいいという話ではありません。

相手との距離感に合わせて言葉遣いを変化させていくことが大切だということです。

初対面・初デートの序盤で、お互いほぼ他人の状態であれば敬語からスタートすることが鉄板でしょう。

他人の状態でいきなりタメ口や呼び捨てにしたりしてしまうと、一瞬で引かれる可能性があります。

しかし、ずっと丁寧な敬語を使い続けるのも逆に距離感を縮めにくくする原因です。

会話が盛り上がってきたら、敬語とタメ口を少し混ぜていくなどして少しずつフランクに接していきましょう。

自分の感情を表現する言葉などはタメ口にしやすいです。

例えば、次のようなイメージ。

  • そうなんですねwウケるw(敬語、タメ口)
  • それやばいwすごいですねw(タメ口、敬語)

このように、タメ口にしても不快に思われない言葉から少しずつタメ口を混ぜていくことで距離感がグッと近づきますよ。

今回のまとめとして

今回は相手を楽しませる上で基本となるマナーや気をつけるポイントについてまとめてきました。

ここでまとめたことを意識すれば、最低限の印象は担保することができると思います。

今回の内容をまずは確実に押さえた上で、会話やスキンシップで相手を盛り上げていきましょう。

二回目のデートにつながる会話ノウハウについては以下の記事にまとめてあるのでぜひ参考にしてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

\ SNSでシェアしよう! /

デートソムリエ|デートの誘い方、服装、会話、プラン完全ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

デートソムリエ|デートの誘い方、服装、会話、プラン完全ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
1.001

デートソムリエ紹介 デートソムリエ一覧

YOKOSIMA

YOKOSIMA

「おいしく、たのしく、気持ちよく」がモットーのデートソムリエ編集長。

非マジメになろう!という想いを込めて今のペンネームで活動中。

主要3県で月1000人以上をマッチングする街コンの運営者でもあり、日々たくさんの男女と恋愛トークをしたりアドバイスを行っています。

「いい人止まりで10年悩んだ僕が半年で克服できた話」をプロフィールで公開中。詳しくは右下のホームアイコンをクリック→

この記事の読者はコチラも読んでいます

  • 【デートを断られた】付き合う前の女性が嫌がる5つの誘い方と理由

  • デートで女性ウケする店選びの極意!7個のオススメ情報誌と探し方

  • 人見知りの治し方!初対面の会話が苦手な人の特徴と克服方法10選

  • 【モテる会話術】女性の悩みや愚痴に「共感する力」を高める方法5選

  • 【初デートの服装選び】20代男性の勝負ファッションの作り方12選

  • 【保存版】初デートの自然な誘い方!女性に断られない5つのコツ