モテる会話術

【モテる会話術】女性の悩みや愚痴に「共感する力」を高める方法5選

うも、デートソムリエのおっくーです。

あなたも一度は本やメディアで「女性の話に共感してあげよう」という恋愛ノウハウを目にしたことがあるのではないでしょうか?

これは確かに重要なことなのですが、実は「共感してるつもり」になってるだけの人がとても多いのです。

当然ですが、それでは女性の心を引き寄せることはできません。

女性の話に共感するには、「共感すればいいという知識」だけではなく、「共感する力」を高める必要があるのです。

そこで今回は、女性の悩み・感情に「共感する力」を高める方法5選というテーマで解説していきたいと思います。

女性の悩みや愚痴に共感できてるつもりの典型例

先ほど、「共感してるつもり」になってるだけの人が実はとても多いという話をサラッとしたのですが、具体的にどういうこと?と疑問に思った方も多いかもしれませんね。

例えば、以下のようなケースを想像してみましょう。

女性
女性
毎日頑張って働いて成績も上々なのに、上司が全然評価してくれない
男性
男性
わかるわかる。俺もそんな感じ

さて、この男性の対応はどうでしょうか?

一見共感してるようにも見えますが、共感というのは、「わかるわかる」と言うだけで終わる単純なものではありません。

しかも、「俺もそんな感じ」という返しは女性から話題を奪うことになります。

女性
女性
いや、何がわかるの?私の話をちゃんと聞いてよ

と逆に相手の感情を逆なでする可能性すらあるので注意しましょう。

▲目次に戻る

女性の悩みや愚痴に「共感する力」を高める5つの方法

では、どうすれば女性の悩みや感情に「共感する力」を高めることができるのか?

今回は、以下5つの方法を紹介します。

共感する時のポイント
  • 事象・主題そのものに捉われない
  • 女性の努力や苦悩を確認する
  • 女性の言葉をオウム返しする
  • 女性の言い分を正当化する
  • 女性の感情を言葉にする

次から一つ一つ具体的に説明していきたいと思います。

方法1.事象・主題そのものに捉われない

まず大切なことは、相手が悩みや愚痴を言ってきたとしても事象や主題そのものに捉われないことです。

例えば、先ほどの会話をもう一度見てみましょう。

女性
女性
毎日頑張って働いて成績も上々なのに、上司が全然評価してくれない
男性
男性
わかるわかる。俺もそんな感じ

この会話で男性は「上司に評価されない」という事象や主題そのものに共感の言葉をかけました。

しかし、これではダメなのです。

なぜなら、女性の言い分やこれまでの過程、背景、その時の感情などを引き出してあげてないから。

過程や背景をちゃんと聞いてあげないうちに、わかった風なことを言ってしまうと女性は話を流された感じがしてしまいます。

男は先を読むことが好きなので、「ああ、こういう流れか」と先読みして会話を進めがちですが、女性は過程や背景をすっ飛ばしてしくないのです。

これまでの過程やその時々の感情を丁寧に聞いてあげてください。

▲目次に戻る

方法2.女性の努力や苦悩を確認する

悩みや愚痴を言われた時に意識すべきなのは、女性の努力や苦悩をちゃんと確認して理解してあげることです。

女性
女性
毎日頑張って働いて成績も上々なのに、上司が全然評価してくれない

という言葉からだけでも、次のようなことが想像できます。

  • 評価されようと一生懸命に努力してること
  • どうして評価されないのかという苦悩
  • 他に評価されているであろう人への嫉妬

この辺の苦悩を女性自身の口から引き出すことで、女性はあなたに心を開きます。

女性
女性
毎日頑張って働いて成績も上々なのに、上司が全然評価してくれない
おっくー
おっくー
そっかあ、仕事がんばってるんだねえ
女性
女性
そうなの。今日だってね、同僚がミスした分を私が取り返したんだよ
おっくー
おっくー
まじか!〇〇ちゃんすごいじゃん!
女性
女性
でしょ??他にもさ・・・

このように女性の話を引き出しながら聞いてあげることで、女性は心を開いてくれるようになります。

▲目次に戻る

方法3.女性の言葉をオウム返しする

女性の話をうまく引き出す上で便利なテクニックが、「オウム返し」です。

女性
女性
毎日頑張って働いて成績も上々なのに、上司が全然評価してくれない
おっくー
おっくー
評価してもらえないのかあ
女性
女性
そうなの。今日だってね、同僚がミスした分を私が取り返したんだよ
おっくー
おっくー
へえ〜!同僚のミスを!
女性
女性
そうそう、その後輩がね・・・・

「オウム返し」のメリットとしては、何と言葉を返すか?で頭を悩ませなくていいこと。

多くの女性は言いたいことを言えたらスッキリするので、「オウム返し」で女性の言いたいことを言わせるだけで満足するケースはよくあります。

ただし、「オウム返し」をする際には視線や表情に注意しましょう。

つまらなそうな顔をしたり、関係ないところを見ながら「オウム返し」をすると、適当に流されている感じが出て嫌がられます。

「オウム返し」をする際には、リアクションよく対応するのが良いです。

表情豊かに「オウム返し」をすると相手はとても話しやすくなります。

▲目次に戻る

方法4.女性の言い分を正当化する

女性に「この人は話をちゃんと聞いてくれている」という印象を与えることができたら次のステップ。

聞き出して理解した女性の言い分を正当化してあげましょう。

おっくー
おっくー
  • こんなに頑張ってるんだね
  • こんなに結果を出してるんだ、すごいね
  • 周りのフォローができるって偉いね

などなど、女性の口からちゃんと話を引き出した上で正当化してあげましょう。

ここで大事なのは自分の尺度や価値観で反論したり、アドバイスをしないこと。

あくまで相手を認める姿勢で話を聞いてあげてください。

▲目次に戻る

方法5.女性の感情を言葉にする

次に意識して欲しいのが、女性の感情を言葉にすること。

  • 女性はこれまでどんな気持ちで仕事してきたのか?
  • 起こったことに対してどんなことを感じたのか?
  • 今現在、どんな気持ちなのか?

こういった部分を丁寧に言葉にしてみましょう。

おっくー
おっくー
  • 自分だけ評価してくれないって辛いね
  • そういうの悲しい気持ちになるよね

ただ、相槌を打つだけよりも感情を言語化することでより深く共感している雰囲気が出ます。

ただし、感情を言葉にする際には自分が冷静であることが大切。

あなたまで感情的にエスカレートして女性以上の強い悪口や他人を否定する言葉を言わないようにしてください。

女性に好意を持っている男性の中には、その子の不遇に感情的になってしまう人が時々います。

感情がエスカレートして、「この人って、ホント自分勝手なの!」という愚痴に対して、「そいつマジでクソ野郎だね!」とか返してしまうと、「え、そこまで言わなくても…」などと変な方向に向かうことがあるのです。

特に、女性が愚痴や不満を言ったからといって、その子の大切なモノゴト(彼氏や友人、仕事)などを否定したり陥れたりする言葉を使うのはNG。

あなたがエスカレートすると、愚痴や不満を言いたい女性の方が冷静になって話が終わってしまう可能性が高くなります。

聞き手のあなたはあまり感情的にならないように注意しましょう。

▲目次に戻る

女性と同じ経験がなくても話に共感はできる

ここまで「共感する力」を高める方法について解説してきたのですが、共感の話をするとよくこんな話をする人がいます。

男性
男性
同じ経験がないから共感できません。

確かに、同じ経験や悩みを持った人に比べたら共感レベルは低くなるかもしれません。

  • 会社をクビになった経験がない
  • 子供を産んだ(育てた)経験がない
  • 一人暮らしをした経験がない
  • そのアーティストを知らない

このような自分に経験がないことについての話題にどう共感すればいいのか?

僕のオススメとして主に2つの方法があります。

  • 相手の感情や想いを引き出す
  • 物事の抽象度を上げて共通点を探す

では、一つずつ説明していきます。

相手の感情や想いを引き出す

まず、経験のないモノゴト事態に共感しようとするのではなく、そのモノゴトに対する相手の感情や想いを引き出していきましょう。

話の引き出し方はこれまで解説してきた通りです。

感情や想いのレベルまで会話を引き出すことができれば、似たような気持ちになった経験や似たような想いを持った経験を見つけ出せる可能性が上がります。

おっくー
おっくー
同じ経験はないけど、似たような気持ち(想い)を感じたことがある

という形で共感することができます。

この時のポイントとしては、あくまで自分の話は女性の会話を盛り上げるための出汁であるという意識を持つこと。

不幸合戦を仕掛けて話題を奪ったり、相手の話を軽んじるような展開には持っていかないようにしてください。

物事の抽象度を上げて共通点を探す

もう一つの方法が、物事の抽象度を上げること。

例えばこういう感じです。

会社をクビの抽象度を上げる
  • 突然のトラブルで困った
  • 固定収入がなくなって困った
  • 生活していけないという不安を感じた
  • 自分を否定された気持ちになった
  • 自分は必要ない人間なんだって気になった
アーティストの抽象度を上げる
  • 音楽のジャンルで捉えてみる
  • いつからファンなのか?で捉えてみる
  • どれくらいファンなのか?で捉えてみる
  • どんな時に聞く音楽なのか?で捉えてみる
  • その音楽に救われた経験で捉えてみる

こうして考えていくと、経験はない(まったく知らない)けど似たようなテーマはあるという共通点を見つけることができます。

そこから共感できるポイントを探っていけば、同じ経験をしていなかったとしても深く共感することができるはずです。

話題の裏側にある感情や想いを引き出したり、抽象度を上げて共通点を見つけていくことは、コミュニケーションの重要スキルの一つです。

▲目次に戻る

今回のまとめとして

今回は女性の悩みや愚痴に「共感する力」を高める方法というテーマで解説してきました。

ここまで読んでもらえたらわかると思うのですが、「共感する力」というのは一朝一夕で身につくものではありません。

日々の会話の中で共感力を高める意識を持って、相手と会話していくことで磨かれていきます。

身につけるためには少しトレーニングが必要ですが、身につけると強力な武器になるのでぜひチャレンジしてくださいね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
おっくー@デートソムリエ
デートソムリエの編集長。主要3県で毎月1500人以上の男女をマッチングする街コンの運営もやっています。しかし、元々は周りに「小島よしお」と呼ばれ25歳まで恋愛経験がほぼなかった田舎生まれのダサメン。悩んだ末に女遊びが大好きな先輩に教えを請い、デート三昧の日々を送っているうちにデートソムリエをはじめました