モテる会話術

【聞き上手】のメリットとは?女性にモテる7つの理由と聞き上手になる10の方法

おっくー
おっくー
デートソムリエのおっくー(@date_somurie)です。

「聞き上手はモテる」

誰でも一度はこの言葉を聞いたことがある、または目にしたことがあるのではないでしょうか?

これは僕も同感です。

しかし、「聞き上手はモテる」と言いつつも、「なぜ聞き上手がモテるのか?」を正しく伝えてない人や情報誌が多いと思いませんか?

そもそも、その人たちがちゃんと理解してるのかも怪しいですね。

「聞き上手はモテる」という言葉だけ頭に入れても、その背景が理解できてなければ意味がありません。

むしろ、間違った理解のまま実践して「下手な聞き手」が量産される悪循環が起きているようにも感じます。

そこで今回は、聞き上手のメリットやモテる7つの理由、本当の聞き上手になるための会話のテクニックについて具体的に解説しました。

この記事を読んで実践すれば、あなたも最強の聞き上手になることができますよ。

聞き上手のメリットとは

本当に聞き上手な人は、人生レベルで大きなメリットを色々と手に入れることができます。

その中で、僕がもっとも重要だと思う3つのメリットをここで紹介させてください。

聞き上手のメリット1.モテる

聞き上手のメリット1つ目は、モテること。

細かい理由は後ほど解説しますが、聞き上手になれば間違いなくモテるようになります。

おっくー
おっくー
女性を口説く上で聞き上手になることは必須条件で、聞く力を高めることでデートの成功率を飛躍的にアップさせることが可能です。

また、恋愛以外の人間関係においても聞き上手は重宝されやすく、他人からの信頼を得やすいため物事を円滑に進めやすくなります。

▲目次に戻る

聞き上手のメリット2.有益な情報が掴める

聞き上手のメリット2つ目は、有益な情報が掴めること。

恋愛で言えば、女性の好みや興味関心、趣味嗜好などはデートや会話をリードするために重要な情報になります。

相手の情報がなければ、相手が喜ぶデートプランを提案することはできないからです。

また、普通に生活してるだけでは得られないような情報を得られることも聞き上手のメリット。

おっくー
おっくー
相手の話を聞くことで、新しい世界観や価値観、未知の分野、自分にはなかった視点や発想についてたくさん学ぶことができます。

▲目次に戻る

聞き上手のメリット3.攻めに強くなれる

聞き上手のメリット3つ目は、攻めに強くなれること。

聞き上手という言葉を考える時、どちらかといえば受動的な印象を受ける人が多いのではないでしょうか?

しかし、聞き上手というのは非常に能動的なアプローチで、聞き上手になればあるほど僕たちは攻めに強くなれます。

なぜなら、デートで女性を口説くにしても、営業で商品を売るにしても、相手の情報をたくさん引き出した方が優位にコトを運べるからです。

おっくー
おっくー
相手がどんな状況で、何を求め、何に悩み、どんなことで反応するのか?

相手の話をよくよく聞いていくことが、デートを成功させる上でとても大切な土台になるわけです。

▲目次に戻る

聞き上手が女性にモテる7つの理由

どうでしょう、聞き上手っていいなと思ってきましたか?

今まで思っていたものと少し違った印象を持った方もいるかもしれません。

僕は聞き上手を「攻めのアプローチ」として理解しています。

そう考えると「聞き上手が女性にモテる理由」がよくわかるのです。

ということで、次から恋愛においてなぜ聞き上手は優位に働くのか詳しく見ていきます。

今回紹介する理由は以下の7個です。

褒め上手がモテる理由
  • 女性を心地よくさせる
  • 女性の情報を引き出せる
  • 女性をうまくリードできる
  • 女性の本音や悩みに近づける
  • 女性の話に共感しやすい
  • ボディータッチがしやすい
  • 新しい価値観や世界観に寛大

では、一つ一つ解説していきますね。

聞き上手がモテる理由1.女性を心地よくさせる

聞き上手がモテる理由その1は、女性を心地よくさせること。

誰でも自分の話を聞いてもらうのは嬉しいものです。

口下手な人や人見知りな人も、赤の他人と話すことに苦手意識を持っているだけで話すこと自体が嫌いなわけではありません。

おっくー
おっくー

僕たちは自分の話を楽しく聞いてくれる人に好印象を持つものです。

特に、自分の話ばかりの男性を相手にしてきた女性は、逆に話をたくさん聞いてくれる男性に好意的な反応を示します。

▲目次に戻る

聞き上手がモテる理由2.女性の情報を引き出せる

聞き上手がモテる理由その2は、女性の情報を引き出せること。

先ほどメリットの場面でもお伝えしましたが、聞き上手は有益な情報を掴むことに長けています。

相手のライフスタイルや興味関心、趣味嗜好、好き嫌い、感性、これらは口説く過程において重要なデータです。

デートの場所選びや、誘い文句、相手との距離を縮めるコミュニケーションなど様々な場面でこの情報が活きてきます。

恋愛慣れしている人ほど「情報が持つ価値」を理解しているものです。

▲目次に戻る

聞き上手がモテる理由3.女性をうまくリードできる

聞き上手がモテる理由その3は、女性をうまくリードできること。

女性はリードしてくれる男に弱いというのは、あなたも一度は聞いたことがあると思います。

このリードするという言葉の意味を僕は「意思決定の流れをスムーズにすること」と捉えています。

より具体的に言えば、「女性から必要な情報を収集し、最適な選択肢を提案して、スムーズに意思決定ができるようにすること」がリードです。

おっくー
おっくー
聞き上手は相手の反応が良さそうなものを的確に提案できるのでリードがうまくいくわけです。

▲目次に戻る

聞き上手がモテる理由4.女性の本音や悩みに近づける

聞き上手がモテる理由その4は、女性の本音や悩みに近づけること。

聞く力が高くなれば、ライフスタイルや興味関心といった表面的な情報だけではなく、内面的な部分に触れる話を引き出すことができるようになります。

おっくー
おっくー
女性との距離を縮めるためには、表に出てきづらい相手の本音や悩みに触れていくことが大切です。

聞き上手をうまく理解できてない男性は表面的な情報を延々と聞き続けてしまう傾向が強く、質問攻めや面接っぽい雰囲気を出してしまいがち。

一歩踏み込んだ話ができるようになると恋愛的な発展が容易になります。

▲目次に戻る

聞き上手がモテる理由5.女性の話に共感しやすい

聞き上手がモテる理由その5は、女性の話に共感しやすいこと。

聞く力が高くなれば本音や悩みを引き出すことができるとお伝えしたのですが、それに合わせて共感力もアップします。

ライフスタイルや興味関心といった表面的な話だけに共感するのではなく、深い部分で共感できると女性との距離が一気に縮まるからです。

話を引き出すことが上手な人ほど、当然ながら共感ポイントは多くなります。

自分の話ばかりしている人は女性の話に共感してあげることができないのでモテないわけです。

▲目次に戻る

聞き上手がモテる理由6.ボディータッチがしやすい

聞き上手がモテる理由その6は、ボディータッチがしやすいこと。

女性との関係を発展させていく上でボディータッチはとても重要なステップです。

相手に触れることで反応を見たり、手をつなぐことやキスすることなどに向けて慣れてもらうことができます。

聞き上手になれば、このボディータッチのチャンスがたくさんあります。

  • 仕事の話を聞いて指先のケアを褒める
  • 悩みを聞いて肩や手をぽんぽんする
  • 話を引き出してツッコミを入れる
  • 「詳しく聞かせてよ」で肘をぐいぐい当てる

会話の流れがあればボディータッチはスムーズにいくのです。

▲目次に戻る

聞き上手がモテる理由7.新しい価値観や世界観に寛大

聞き上手がモテる理由その7は、新しい価値観や世界観に寛大なこと。

おっくー
おっくー
自分の生活範囲だけの価値観や世界観でばかり生きている人は、他人も同じ基準に当てはめようとする傾向があります。

その結果、相手を批判したり持論を展開したりするのです。

これでは人間関係は作っていけませんし、相手に不快感や幼稚な印象を与えてしまう原因になります。

逆に、新しい価値観や世界観を尊重できる人は人生経験が豊富で大人な印象を持たれます。

聞き上手になれば、新しい価値観や世界観にたくさん触れることができるので受け入れる感性が育ちやすいのです。

▲目次に戻る

聞き上手になる10の方法

ここまで、聞き上手のメリットとモテる理由についてまとめてきました。

非常に魅力的なスキルであることはご理解いただけたのではないでしょうか?

次からは、聞き上手のスキルを身につけるための方法について解説していきたいと思います。

今回紹介する方法は以下の10個です。

聞き上手になる10の方法
  • 仕草や表情に気をつける
  • 大きくリアクションする
  • 意見・助言・否定をしない
  • 相手の悩みや努力を拾い上げる
  • 自分の話を引き立て役に使う
  • 例えや具体例を使う
  • 会話の流れを大切にする
  • 教わる姿勢を大切にする
  • 目の前の相手に集中する
  • 相手のペースを大切にする

取り組みやすいものから一つずつ身につけてみたくださいね。

聞き上手になる方法1.仕草や表情に気をつける

聞き上手になる方法の1つ目は、仕草や表情に気をつけること。

コミュニケーションでは、会話内容だけではなく仕草や表情がとても大切です。

どれだけ質問や投げかけをしたとしても、仕草や表情が無愛想では相手は話す気分になれません。

他にも、以下のような点はコミュニケーションの基本なので意識してください。

  • 無愛想な表情をしない
  • 口を半開きにしない
  • 相手の顔を見て話す
  • 相手に体を向ける
  • 背もたれに寄りかからない
  • 背筋を伸ばして前のめりになる
  • 腕や足を組まない
  • 自分の髪や体に何かと触らない
  • ポキポキ鳴らしたり貧乏ゆすりしない
  • 目の前でスマホをいじらない

どれも普段から意識してないと癖でやってしまいがちなことなので、今この瞬間からやめていきましょう。

仕草や表情が変わるだけで大きく印象は変わります。

▲目次に戻る

聞き上手になる方法2.大きくリアクションする

聞き上手になる方法の2つ目は、大きくリアクションすること。

自分が話しているときを思い出して欲しいのですが、頭を上下にちゃんと動かしてハキハキと相づちを打ってくれると話しやすいですよね。

また、身振り素振りを交えて大きくリアクションしてくれると楽しい気分になります。

「(さ)すが、(し)らなかった、(す)ごい、(セ)ンスいい、(そ)うなんだ」の切り返しや「オウム返し」などのテクニックも、テンションが低いと意味がありません。

まずは大き目のリアクションをするように意識しましょう。

▲目次に戻る

聞き上手になる方法3.意見・助言・否定をしない

聞き上手になる方法の3つ目は、意見・助言・否定をしないこと。

自分と相手は生きてきた環境が違うわけなので、話をしていれば価値観や世界観の相違は必ず出てきます。

また、少し相手よりも理解の深い分野の話であれば、助言や持論を展開したくなる時もあるでしょう。

しかし、それを欲求に任せてやってしまうと聞き上手にはなれません。

  • あなたの目的は、相手を論破して自尊心を高めることですか?
  • それとも相手のことをよく知って人間関係を作ることですか?

後者であるなら、相手を否定したり持論を展開することはマイナスであることがわかるはずです。

▲目次に戻る

聞き上手になる方法4.相手の悩みや努力を拾い上げる

聞き上手になる方法の4つ目は、相手の悩みや努力を拾い上げること。

誰でも、よく知らない人との会話は仕事やライフスタイル、趣味など表面的な情報の交換から始まります。

その表面的な情報から、相手の悩みや努力を拾い上げることができると会話がグッと深まるのです。

おっくー
おっくー
  • 看護師なんだ、夜勤は結構多いの?
  • 保育士なんだ、事務仕事が大変っていいますよね
  • 事務職なんだ、姿勢すごく綺麗ですね

相手の努力が見えるポイントを褒める意識を持つと喜ばれます。

▲目次に戻る

聞き上手になる方法5.自分の話を引き立て役に使う

聞き上手になる方法の5つ目は、自分の話を引き立て役に使うこと。

いくら聞くことをメインにするとはいえ、自分がまったく喋らないと相手も喋りにくくなるものです。

そこで、自分の話を引き立て役に使う意識を持ちましょう。

自分の話をちょろっと話して、相手のケースを詳しく聞いていくという会話パターンです。

おっくー
おっくー
僕は食べ歩きとか好きでよく行くんですよね、〇〇さんは外食行くならどんな店が好きですか?

自分の話は最低限に抑えて、話題を提供するために話すくらいの感覚で話すと良いです。

▲目次に戻る

聞き上手になる方法6.例えや具体例を使う

聞き上手になる方法の6つ目は、例えや具体例を使うこと。

女性が話した言葉に対して、例えや具体例をうまく出せると会話が一歩深くなります。

女性
女性
今日すごく寒いですね

おっくー
おっくー
本当それだね、朝布団から出るのに30分以上かかる

女性
女性
わかるw

朝の布団って幸せすぎますよね

そうだね、とだけ返すだけよりも例えや具体例を加えると一気に距離が近くなるのでオススメですよ。

▲目次に戻る

聞き上手になる方法7.会話の流れを大切にする

聞き上手になる方法の7つ目は、会話の流れを大切にすること。

男は話の流れよりも結論やオチを意識しがちなので、相手の話を短縮しようとしがちな傾向があります。

しかし、それでは相手の話を切り上げる形になって相手は不快な気持ちになります。

聞き上手になるには、相手の会話に良い流れを作る意識をするようにしてください。

相づちや投げかけで相手の会話に道筋を立ててあげることで、相手の会話が結論やオチに向かって盛り上がるようにお膳立てするわけです。

会話が綺麗にゴールすれば誰だって気持ちがいいもの。

女性
女性
この人と話すのすごく楽しい!

と思ってもらえたら勝ちですよ。

▲目次に戻る

聞き上手になる方法8.教わる姿勢を大切にする

聞き上手になる方法の8つ目は、教わる姿勢を大切にすること。

人は「自分が誰かの役に立っている」と感じると嬉しい気持ちになるものです。

そのため、会話の中では自分の博識ぶりをアピールするよりも、相手の話に興味関心を示す方が相手を喜ばせることができます。

おっくー
おっくー
  • そうなんだ!知らなかった!
  • なるほど!それいいですね!
  • センスいいですね!真似します!

女性
女性
こうやるともっといいですよ〜!オススメです♪( ´▽`)

▲目次に戻る

聞き上手になる方法9.目の前の相手に集中する

聞き上手になる方法の9つ目は、目の前の相手に集中すること。

これはシンプルで当たり前のようなことですが、とても大切です。

相手と話している時に、スマホや時計、周囲の人を気にするそぶりを見せると会話が面白くないのかなという印象を与えてしまいます。

特に、女性とデートしている時に他の女性をチラチラ見たりすると相手に不快な気分を与えるので要注意です。

目の前の相手を楽しませることに集中する。

これはコミュニケーションにおいて非常に重要です。

▲目次に戻る

聞き上手になる方法10.相手のペースを大切にする

聞き上手になる方法の10個目は、相手のペースを大切にすること。

会話のテンポというのは人によってバラバラです。

マシンガントークで思ったことを何でも口にする人もいれば、一つ一つ考えながらゆっくりと話す人もいます。

聞き上手になるには、それぞれの相手に合わせてペースをコントロールすることが大切です。

特に、ゆっくりと話すタイプの人に回答を急かすようなことをするのはよくありません。

相づちや投げかけをするときは、相手が心地よく話せるペースを意識して行ってください。

▲目次に戻る

今回のまとめとして

今回は、聞き上手のメリットやモテる理由、聞き上手になるための方法について解説してきました。

聞き上手はおしゃべりな人よりも何かと得をするケースが多いです。

特に恋愛においては、自慢話や自分の話ばかり話して失敗する人が多いので、聞き上手を意識することが大切。

会話で相手を楽しませるためには、別に面白いこと言わないといけないわけじゃありません。

相手が気持ちよく話せるように意識して聞き役に徹することでも、十分に会話を盛り上げることができます。

コミュニケーションで悩んでいる方は、今回の内容を参考にして聞き上手を目指してみてください。

P.S.

デートソムリエが運営するメディア・サービスのまとめページを作りました!

デートソムリエの運営するサービスを一覧にまとめました デートソムリエでは複数のメディアでサービスを提供しているので、このページに一覧でまとめます。 無料講座や電子書籍プレゼント...
ABOUT ME
おっくー@デートソムリエ
デートソムリエの編集長。主要3県で毎月1500人以上の男女をマッチングする街コンの運営もやっています。外見は小島よしお似らしい。25歳まで恋愛経験がほぼなかったダサメン。月10人ペースで勝負デートを繰り返した自分の経験と30名以上のコンサル実績をベースに発信しています。