デートソムリエ運営者プロフィール

おっくー
おっくー
こんにちは、デートソムリエのおっくーです。

このページでは僕の自己紹介をしていきたいと思います。

まずは僕の簡単なスペックを紹介します。

職業 デートソムリエ、街コン運営、コピーライター
趣味 料理・グルメ巡り、旅行、映画、アニメ、読書
お酒 何でも飲む
タバコ 吸わない
特徴 アラサー、小島よしお似(と言われる)、短髪、毛深い
恋愛歴 大学で2人、23~25歳で0人、26歳~で数十人

典型的な九州から出てきた田舎者ですね。

男女問わず、「芸人の小島よしおにめっちゃ似てるよね」とよくイジられます。

僕は25歳までほとんど恋愛経験がない状態でした。

もちろん、女性に無関心だったわけではありません。

単純に恋愛や女性心理について無知で、嫌われることをビビる奥手タイプだったのです。

そんな僕がなぜデートソムリエになったのか?

ここからは僕の略歴について紹介していきます。

おっくー(デートソムリエ運営者)の略歴

九州のド田舎で生まれ、20代前半をほぼ恋愛経験がない状態で過ごしました。

おっくー
おっくー

当時の見た目レベルは、髪は適当に坊主よりちょい長いくらいで適当にカット。

ワックスはもちろんつけてません。笑

ダボダボのロックTシャツや、柄の強いエスニック系の服をよく着ていました。

25歳を迎えた僕は彼女どころか出会いすらまともにない自分に焦りを感じ始めます。

その頃から、なるべくイベントなどに参加して出会いを探しはじめました。

しかし、女の子とLINEを交換しても即ブロックされ、どうにか食事に誘えた子にもデート翌日から既読無視されてしまうのです。

ある日、僕は恋愛経験が豊富(というか、女遊びが多い)仕事の先輩にその話をしてみることにしました。

そこで言われた言葉が僕を変えることになります。

先輩
先輩
そりゃそうでしょ。見るからにモテなそうだもん。

まず女子ウケする見た目作りからやろうよ。笑

僕はこの時、自分は服装や髪型への努力をしなければいけないと痛感しました。

そこからダサメン脱却に本腰を入れることになります。

おっくー
おっくー
カラフルな服や派手な柄の服、ダボっとした服はやめ、シンプルでタイト目な服装にシフトチェンジ。

髪型や眉も綺麗にセットするようにしました。

最初は気恥ずかしい感じもしましたが、出会った女性から即ブロックされることが減りました。

見た目の改善は、最初のステップとして絶大な効果があります。

しかし、次に問題となったのが嫌われることをビビる奥手な性格です。

僕は当時、うまくデートを重ねた末の大チャンスにこんな失態を犯していました。

  • 終電がない時間から飲みに行ってもお持ち帰りできない
  • 自宅まで連れ込んだ女性に何もできず帰らせてしまう

もちろん、その後は音信不通になってしまいます。

そんな僕の話を聞いて、先輩はこう言いました。

先輩
先輩
うわ、そこで手を出さないとか女の子にめっちゃ失礼。

はっきりしない男は女の子を不幸にするんだよ。

優しいふりしてヘタレな男は一番タチが悪い。

おっくー
おっくー
え、そういうもんなんですか?
先輩
先輩
いいからまず手を出してみろよ。

「恋愛」を楽しむ前には「練習」が必要なんだから。

目の前の子すら落とせない男に、可愛い子は絶対口説けないよ。

おっくー
おっくー
確かにそうかもしれない。。

この時から、僕はマッチングアプリやイベントを通じて貪欲にデートを繰り返しては練習する日々を過ごすことになります。

おっくー
おっくー
この過剰な恋愛時代を通して、僕は成功率の高いデートプランやアプローチ方法を確立していきました。

そんなある日、僕に転機が訪れます。

ひょんなことから仕事仲間と街コン運営をすることになったのです。

この街コンは毎月1500人以上が集まるようになり、それに伴って参加者から恋愛相談を受けるようになります。

街コン参加者の恋愛相談を聞いていると、多くの人がデートでつまづいている事に気がつきました。

そして、その原因が巷のデート情報にあることが分かってきたのです。

巷のデート情報サイトは本来全く異なる「カップル向け」と「非カップル向け」のやり方をごちゃまぜに発信していた。

恋愛を支援するはずの情報サイト自体が、恋愛難民を増やす原因となっていたのです。

おっくー
おっくー
デート情報誌が紹介する店に行っても、結局は食事を奢って終わりになっていませんか?

メンズファッション誌を読んで、女子ウケする服装ができるようになりましたか?

僕も以前は有名な雑誌や情報サイトを見ていましたが、今思えば無駄な時間と出費を重ねているだけでした。

僕はこの時、それなら本当に役立つデートガイドを作ろうと思いました。

僕の考えたプランはこうです。

  • 『付き合う前のデート支援を軸としたデート情報サイト』を作る。
  • 自然に距離が縮まるデートスポットや、デートの誘い方、口説き方、服装、会話方法などのコンテンツを発信する。
  • デートプランやLINEの添削、見た目の改善、魅力作り、コミュニケーション指導などを行う。

これがデートソムリエのスタートです。

おっくー
おっくー
恋愛って結局デートがうまいやつが勝つんですよね。

それに、デート上手な方が付き合った後も相手を楽しませることができます。

デートソムリエでは、若い人でも楽しめるように低コストで口説く方法をメインに発信しています。

なぜなら、僕にはこのサイトを通して実現したいことがあるからです。

「恋愛はコスパが悪いからしない」という風潮を変えたい。

確かに、恋愛では食事やホテル代などお金がかかるシーンが色々あります。

しかし、反論を恐れずに言うとコスパが悪いのは「未熟なデートスキル」が原因です。

おっくー
おっくー
デートスキルが上がれば12回会うだけで女性を口説くことができるので、お金も時間も大して必要ありません。

最近は割り勘派の女性も増えているので「恋愛=コスパが悪い」とは絶対ならないのです。

また、恋愛を通して得られる経験や知識、スキルは人生を大きく変える力を持っています。

恋愛で得られるメリット
  • 自分に自信がつく
  • 素敵な女性と関係が持てる
  • デートスキルが仕事や人間関係にも活きてくる
  • 色んな出会いを通して世界観・価値観が広がる
  • 興味関心の幅が広がる
  • グルメ情報に詳しくなる
  • 雰囲気イケメンになれる
  • 美容や健康意識が高くなる

おっくー
おっくー

恋愛はコスパが悪いどころか、人生トータルで考えてコスパ最高なのです。

僕はデートソムリエを通して「恋愛はコスパが悪い」という悪しき風潮を変えたいと考えています。

デートスキルを高め、色んな恋愛を経験することが人生を豊かにすると確信しているからです。

だから言わせてください。

たくさん恋愛しましょう。

たくさんデートしましょう。

そして一緒に、人生を面白くしていきましょう。

僕の自己紹介は以上です。

共感してくれた方は今後もこのサイトを応援してください。

あなたからの恋愛相談や記事のリクエストお待ちしています。